婚活記(医師Tさんのケース) | 医師・歯科医師のための結婚相談所

婚活記(医師Tさんのケース)

Tさん 男性 36歳 医師(勤務医)の婚活

プロフィール

 

学歴:千葉大学医学部卒

経歴:同大学病院勤務後、現在都内病院勤務(専門は内科)

年収:1300万円

 

入会動機

 

父親が医者だったこともあり、子供のころから医者を目指し、大学入学から今まで、かなり熱中して医学の道を歩んできた。合コンやコンパのような誘いも結構あったが、交際に発展しても、結婚を意識するまでには至らなかった。でも最近、近い将来、親の医院を継ぐことになることを意識するようになり、そろそろ本気で結婚を考なきゃと思い始めた。

 

サラリーマンの勤務医から自営業の医者になることもあり、ある程度「医者」という職業に理解のある人と出会いたいと思い、事前にお相手の条件が分かる、結婚相談所で婚活をしてみようと思った。

☆イー・マリッジの所感☆

医師・歯科医師の方は、実際にとても「モテる」方たちです。特に男性の医師の方は顕著で、男性の生涯未婚率(50歳までに一度も結婚しない人の割合)が23%と言われている中、男性医師の生涯未婚率はわずか3%弱です(2017年国勢調査)

 

50歳までに、ほとんどの男性医師の方は結婚している、というのが実情ですが、それはあくまでも「結果」であって、結婚に至るまでの過程は様々です。実はTさんのように、日々忙しくて、医学(研究)に熱中していて、お相手がいないというケースは多いのです。(日本結婚相談所連盟IBJには、ここ数年医師の登録数は増えており、2018年4月現在で約600名の男性医師・歯科医師の方が登録されています。(女性医師・歯科医師の方も、ほぼ同数の600名強いらっしゃいます)

結婚相手への希望

 

・自分の仕事を理解してくれる人

・やさしい人

・できれば料理が得意な人

 

☆イー・マリッジの所感☆

医師・歯科医師の方は、親御さまも医師という方は多く、将来的には親御さまが開業している病院を継がれるという方もいらっしゃいます。

 

Tさんはまさにこのケースで、結婚を意識し始めたのも、そろそろお父様の病院を継ぐ時期が近づいてきたと感じた時でした。それまでは単純に「好きになった人」と結婚するだろうと漠然と考えていたそうですが、病院を継ぐ=自営業者になる、と現実的に考え始めると、結婚相手にも「仕事を理解してくれる人」=看護師もしくは、医療事務が出来る人、そこまでいかなくても、自分が仕事をしている間、しっかりと家庭を守ってくれる人というような具体的なお相手に対するイメージを持つようになったそうです

 

お医者様は、勤務医も開業医の方も、お仕事は大変ハードです。奥様になられる方にも、それを理解し、たとえ直接的にではなくても、サポートしてくれる方を望む方はとても多いです。

<婚活経緯>入会~3カ月目

 

お見合いを申し込まれた人数:53人

お見合い回数:5人

交際に至った人数:2人

 

☆イー・マリッジの所感☆

3カ月間で50名以上の方からお見合いの申し込みをいただきました。当然すべての方にお会いすることはできませんので、①女性のお仕事内容(医療関係もしくは経理系専門職)②32歳以下の方、という条件にこだわってお見合いをおこないました。

交際相手のプロフィール

 

Aさん

年齢:32歳

職業:税理士

趣味:音楽鑑賞

 

Bさん

年齢:28歳

職業:看護師

趣味:スポーツ観戦

 

 

結果

 

Aさん

お見合い後、1回目のデートの後、Tさんから交際終了を告げる

 

理由

Aさんは、とても素直な方で、話をしていても会話のテンポ良く、とても楽しい時間を過ごすことができたとのこと。「良いひとだな!」と1回目のデートから感じたが、結婚後も税理士としての仕事を続けたく、お互いそれぞれの仕事をやっていきたいとの思いを持っていた。Tさんも、絶対自分の病院のサポートをしてもらわなければいけないという訳ではなかったが、このまま交際が進んで「結婚」と実際になった時、決断できるかわからないという思いに至り、お断りするなら早いほうがいいのではと、泣く泣く断るとのこと。

 

 

Bさん

お見合い後、5回目のデート後、Bさんから交際終了を告げられる

 

理由

Bさんは、まだ20代ながらもとてもしっかりした性格で、また看護師という医師のTさんを最も理解してくれるということもあり、居心地よく交際を進めていたとのこと。ただ、Tさんとしても、絶対にBさんという確固たる「信念」を持っていたわけではなかったとのこと。

Bさんの相談所に理由を確認したところ、結婚してTさんの病院を手伝うことにも何の問題もなし、Tさんの条件にも、もちろん不満はなかったとのこと。ただしどうしても趣味のスポーツ観戦というところで、Tさんとのギャップがあり、望んでいた「夫婦像」が描けなかったとのこと。

 

☆イー・マリッジの所感☆

AさんはTさんにとって、初めてのお見合いの時から、かなり理想に近い人でした。ですが、どうしても、将来必要になるかもしれない「仕事のサポート」という部分で難しいと感じ、1回目のデート後に決断をしました。結婚相談所で出会っていくと、本当に「いいな!」という方に出会います。ただ、100%完璧ということはなかなか無く、一つ二つは自分の条件から外れるところはあります。ですが、その外れたところが「今後、受け入れていける、もしくは修正していけるのか?」ということが大変重要になってきます。もしそれが「今後受け入れていくことも、修正することもできないこと」であったら、それ以外は最高の人であっても、少しでも早く交際終了を決断してあげてください。それがお相手のためにもなります。

 

Bさんは、Tさんの条件にも合っていて、お二人の相性も決して悪くはありませんでした。ただ「趣味」という部分でどうしても折り合えないというBさん側の決断になりました。私個人的には、Bさんがもう2~3歳、年齢が上だったら、考え方も違ってたのでは?との思いもあったのですが…

 

やはり「結婚」=「一緒に人生を歩む」ということにおいては「何が最も大事なことなのか?」それは人それぞれ違ってきます。

<婚活経緯>3~6カ月目

 

お見合いを申し込まれた人数:61人

お見合い回数:8人

交際に至った人数:3人

 

 

交際相手のプロフィール

 

Cさん

年齢:31歳

職業:航空会社勤務

趣味:フットサル・ホットヨガ

 

 

Dさん

年齢:32歳

職業:医師

趣味:日帰り温泉巡り

 

 

Eさん

年齢:36歳

職業:教師(音楽)

趣味:料理・油絵

 

☆イー・マリッジの所感☆

4カ月目以降は、相手の条件を少し変え、職業や年齢にあまりこだわらず、趣味や特技、プロフィールから受けるTさんが「いいかな」と思える方を中心にお見合いをしました。

 

結果

 

Cさん

お見合い後、1回目のデートの後、Tさんから交際終了を告げる

 

理由

Cさんは航空会社の客室乗務員をされていて容姿も素晴らしく、Tさんも惹かれていました。ただどうしても「価値観」に違いを感じ、むしろ自分が「普通」であることを強く意識してしまったそうです。

 

 

Dさん

お見合い後、4回目のデート後、Tさんの方から交際終了を告げる

 

理由

Dさんは同じ医師で、当然自分の立場を自分以上に分かってくれて、一人の女性としても、とても魅力を感じる方だったとのこと。ただ、あまりにも「理解し合える」ということに、少なからずの窮屈さを覚えてしまったとのこと。

 

 

Eさん

今まで交際してきた人とは毛色の違った職業で、年齢も近かったので、初めは、将来の希望(できれば仕事をサポートして欲しいという希望)に沿わないかなと思っていたので、ちょっと難しいかなと感じていたとのこと。ところが、1回2回とデートを重ねていくうちに、Eさんの自分には無い、感性や飾り気の無い性格に段々と惹かれていったそうです。

交際期間3カ月で成婚

 

☆イー・マリッジの所感☆

Cさんについては、客室乗務員「CA」というご職業に、Tさんが、ちょっと間違った先入観を持ってしまってという(痛恨のミス?)を持ってしまったのも原因の一つかとも思います… イー・マリッジの客室乗務員の会員の方のほとんどが、堅実で真面目な方が多いので…、もう少し「お相手の本質」を見ていただければよかったかと…(これはこれで仕方ないですが…)

 

Dさんについては、同じお医者様ということもあり、お互いにとっても決して悪くはなかったと思います。ですが、Tさんが感じたように、あまりに「同じ」でも、そこに何らかしらの窮屈さ(息苦しさ)を感じてしまうこともあります。

 

婚活では、このような同じ職業に限ったことではなく、いろいろな場面で、お相手に対しそういった感覚を持つことがあります。でもそこで、これは一体何からくるものなのかを自分なりに分析し、改善できる可能性があるのなら、お相手に正直な気持ちを話してみることも一つの手です。意外と話してみると解決できることもあります(どうせなら、ダメもとで、やってみる!ということも婚活では大切なことです)

 

Eさんは、今までTさんが出会って交際してきた人とは違うタイプの方でした。初めは、その違いに「興味」を覚えたところから始まりましたが、交際を重ねていくうちにEさんに「愛情」を感じていくと当時に「リスペクト」の感情を持つようになったとのことでした。

 

結婚は「好き」な人とするということが、何よりも大事なことです。ですが男女、関係なく、相手に対して「リスペクト」「尊敬できる」という気持ちが持てれば、それは本当に結婚生活をより幸せなものにする可能性が高まると思います。

 

初めは「将来、仕事を手伝ってくれること」を第一条件と考えていたTさんでしたが、最終的に選んだお相手は、自分が本当に好きだと思える人、尊敬できると思える人でした。

将来を見据えて、それに合わせてお相手を選んでいくということも大切なことですが「将来のことは誰にも分らないし」「将来は変えていくことができる」ので、Tさんの決断は本当に素敵なことだったと思います。



東京都千代田区九段北1-15-12
日絹会館6階
電話番号 090-6767-7933(直通)

千葉県柏市増尾5-1-2